Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ゆるくまにあ!

ゆるくまにあ! 《第10話》

JUGEMテーマ:ものがたり


「お給料を下さいクマ!」

登録ケル.jpg

ケルくんがガラスの扉を押し開けてオフィスに入ると、受付の女性が笑顔で迎えてくれました。
「ハタラクマさんですね! お待ちしておりました!」

領収証にサインをすると、受付の女性はケルくんに封筒を手渡します。
「こちらになりますので、お確かめください。」

封筒の中には、樋口一葉が1枚と、野口英世が2枚入っていました。

「やったクマ〜!! 初めてのお給料クマ〜!!!」

ケルくんは、その場でぴょんぴょんして大喜びです。


(何を買おうかな・・・)

(大富豪になってしまった今、チュッパチャップスもディスプレイごと買えちゃうクマ・・・)

(ストロベリークリーム、コーラ、キャラメル、チョコストロベリー、チョコバナナ、アメリカンチェリー・・・)

「いや、初めてのお給料は、パパとママのために使うクマ!!
それが、漢というものクマ!!」

お菓子の誘惑を断ち切ったケルくんは、報告を兼ねて
谷の実家に帰ることにしました。


   ◆◆◆


〜〜〜 ハタラク谷 〜〜〜


「ここがケル坊の故郷か・・・」

「なんであなたまでついてくるのよ!」
ハタラク谷.jpg

「パパ、ママ、ただいまクマ〜!!」


「あらやだ! ケルじゃないの!!」

「本当だママ! ケルが帰ってきたぞ!!」

小さなログハウスにやってきたケルくんとウメッピ、シーちゃんは
ケルパパとケルママに迎えられました。
ケル実家1.jpg


「おじ様、おば様、お久しぶりです!
こちらは、ケルくんのお友達の、えー・・・・・・ うめぼしよ!!」 カッ

(オレの扱い、ひどくね!?)

「やあ、うめぼしくん」

「うめぼしくん、ケルがお世話になってます」

(もう何でもいいか・・・)

諦めるウメッピ。


「ちょうどお隣さんから、崎陽軒のシュウマイを頂いたところだけど、
ひとつ足りないのよね! いやだわ〜」

「おば様、お腹周りのだらしないケルくんの分は要らないと思うので、
どうぞおば様は、召し上がってください!」

「あら、そう? それもそうね! 管理栄養士にダイエットアドバイザーのシーちゃんがいてくれると、ケルも安心だわ〜」

「私たちも心苦しいが、ケルの健康には代えられないからな!」

「みんな、ずるいクマ〜」

オーホホホホホ!
ウフフフフフ!
ハッハハハハハ!
ケル実家屋内1.jpg


「聞いたわよ! ケルのお仕事を手伝ってくださったんですって?
シーちゃんは本当に、ハタラクマ一族の誇りよ! 是非、うちのケルのお嫁さんに来てほしいわ!」

「そうだママ、それがいいぞ!
彼女が私たちの娘になるなんて、素晴らしいじゃないか!」

「いやですわ おじ様おば様、スキルもない貯金もない車もない・・・
低スペックで、ださいケルくんなんて、あり得ませんし、お断りですわ!」

「まあ! それもそうね!!
うちのケルじゃ、正直ださすぎて無理だったわ!」

オーホホホホホ!
ウフフフフフ!
ハッハハハハハ!

「そうだぞケル! ママの言うとおり、ださい男は、女の子にモテないぞ!!」

「みんな、ひどいクマ〜」

オーホホホホホ!
ウフフフフフ!
ハッハハハハハ!
ケル実家屋内2.jpg

(すげえ家族だな・・・)

崎陽軒のシュウマイを半分こしてあげながら、ウメッピは
ケルくんがマイペースに育った原因が、なんとなーく理解できた気がしたのでした。


《第11話へつづく!》


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2013.11.08 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback