Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【抹茶デザート専門店の濃ゆ〜い抹茶アイス 雷一茶】

JUGEMテーマ:スイーツ


浅草の雷門をくぐり、きびだんご餅ドッグ黒毛和牛カレーパン高座豚のメンチカツちょうちんもなかアイスげまんじゅうジャンボめろんぱんと、ひたすら下町の食べ歩きフードを満喫中のケルくんとウメッピ、そしていつの間にか飛び入り参加した、ハタラク谷の長老。

仲見世通りを何度も行ったり来たり、はたまた引き返したりしながら、
ケルくんたちは、ついに・・・



ドォン!!
雷一茶.jpg

「見てみろケル坊!
 これが浅草寺の御本尊だ!!! 素晴らしいだろう!!!」

「天井に、変てこな絵が描いてあるクマ〜」

「変てことは罰当たりな・・・! あれは天女と龍の天井画だぞ!!
 燃えるような色彩で激しく描きなぐったかのような大迫力の龍、そして繊細なタッチと色彩が優しく美しい天女と花々・・・」 ウットリ

「全く聞いていないようじゃぞ」

雷一茶0.jpg

「おみくじ! おみくじ引こうクマ〜!!」 トコトコ

「全く、せっかちな・・・」 パタパタ

雷一茶01.jpg


 カサカサッ


「あっ! 僕、大吉クマ!!」 ウフフ

「大吉じゃな」 ホホホ

「何だ、どちらも大吉とは・・・
 ここは殆ど大吉ばかり入っているのか?」


(どれどれ・・・)


 カサッ・・・


「ホウワァ--------------ッ!!??」

雷一茶02.jpg

「ウメさんは、なんだったクマ?」

「見せてみんか〜」

「や、やめろぉぉおおお!!!!」




「なーんだ、みんな同じ大吉なんだったら、
 隠さなくてもいいのにクマ〜?」 ウフフ

「えっちじゃのう?」 ホホホ

(・・・・・・・・・・・・・・・)

雷一茶03.jpg


一通りの参拝を終えたケルくんたちは、
今度は、浅草寺の周辺を散策していくことにしたようです。


「今くぐってきた東側の門は、二天門といってだな・・・」


ガツン!

ビターン!!!


「ケ、ケル坊-------------ッ!!??」

雷一茶1.jpg

「いたいクマ〜」

「ややっ! ケル坊がぶつかったアレは、もしや・・・」


「お濃茶スイーツ専門店じゃ!」

「お濃茶すいーつ専門店か!!」

「それなら仕方がないクマ!!」

雷一茶2.jpg

「さすが、そふとくりーむの置物も、
 尋常じゃない程、濃い緑色だぜ!!!」

「これは、是非実物を拝まなければいけないのう」

濃茶のドリンクや
雷一茶3.jpg

濃茶のアルコールも販売
雷一茶4.jpg

「たのもー!!!」

「こんにちはクマ〜!!」

雷一茶5.jpg

和の雰囲気でいっぱいの店内に入ると、
ケルくんの目に、鮮やかな緑色のポスターが飛び込んできました。

「お濃茶アイス!! おいしそうクマ!!!」

「ケル坊よ・・・
 今度こそ、自分で食う分は、自腹で買うんだぞ!」

雷一茶6.jpg

「えぇーっ!!!
 ぼ、僕が出すのかクマ!??」

「当たり前だろ!! ケル坊だって、給料が出た直後だってのに、
 オレにばかり支払いを任せるとは、軟弱な!!!」

雷一茶7.jpg

「それもそうクマ・・・
 僕、自分で買ってくるクマ!」

「よし、その心意気だぜ!!」

雷一茶8.jpg

「抹茶アイスくださいクマ〜!!!」 フンスハァ!

鼻息も荒くレジに並んだケルくんの視界に
飛び込んできたのは・・・

「うわあ〜!
 緑色だクマァ!!」

「他所で見る抹茶そふとくりーむより、濃い緑色をしているな!!
 これは期待が膨らむぜ!!」

雷一茶9.jpg

「どれにしようかクマ〜
 あっ!! 《究極のお濃茶パフェ》!!??」

お濃茶アイスは、コーンとカップを選べる
雷一茶10.jpg

「す、すごいクマ〜!!
 僕、絶対コレが食べたいクマ〜!!!!」 キラキラ

(あっ、でも・・・・・・・)


ポシェットの中から、がまぐち財布を取り出したケルくん。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

雷一茶11.jpg


「全く、抜け目のない爺だぜ・・・
 牛乳屋のツケといい、今度きっちり払ってもらうからな!!」 ブツブツ

「美味しそうなんじゃ〜」 ホッホ


「よし、じゃあ皆揃ったな! 店内で食べて行こうぜ!!」

雷一茶12.jpg

店内外のテーブル席や、畳の縁台に座って食べられる
雷一茶13.jpg

「他にもたくさん美味しいお店に行きたいから、
 パフェじゃなくて、お濃茶アイスにしたクマ!!!」

コトッ
雷一茶14.jpg

「ねっとりして、スプーンが折れそうにかたいクマ!
 超濃厚だクマ!!!」

「抹茶の苦味が強くて、大人の味なんじゃ〜」

「さすが濃茶専門店だな!!」


初めて食べる濃茶のアイスに、3匹は舌鼓を打つ間もなく
ペロリと完食してしまったようです。



(それにしても・・・ ケル坊に、立派な節約の精神が・・・!!
 甘やかさなくて、よかった!) ブワッ

「ケル坊、見ろ!
 こっちに抹茶の菓子が売っているぞ!!」

感激のあまり、代わりにお土産を買ってやろうと画策する、
すっかり甘やかし癖のついてしまったウメッピだったのでした。



 ◆◆◆



店内には、濃茶を使ったお土産用のお菓子も
雷一茶15.jpg

濃い緑色は、美味しさの証明である
雷一茶16.jpg

カットされたものと、丸の2種類を販売
雷一茶17.jpg

店内には畳のスペースもあり
雷一茶18.jpg

薄茶をいただくこともできる
雷一茶19.jpg

観光客向けの茶道のセットも販売中
雷一茶20.jpg


浅草寺本堂の東側、二天門を出てすぐのところにある
濃茶を使ったデザート専門店

すぐ隣が観光バスの駐車場になっていることもあり、
観光客のひとやすみスポットにもなっている


1番人気のお濃茶アイスは、カップかコーンを選べる
宇治白川産の抹茶をふんだんに使用したアイスで、
カップにはアクセントとしてサクサクのおこしが入っている

究極のお濃茶パフェは、お濃茶アイスに
抹茶わらび、抹茶フィナンシェ、白玉、北海道産あずきと
ロイヤルバニラアイス、サクサクのおこしという抹茶尽くしで贅沢な一品

少し変わった抹茶ビールは
溶いた抹茶に生ビールを注いだものである



濃茶・薄茶って??
========================================

実は抹茶には、
《濃茶》と《薄茶》の2種類がある

濃茶(こいちゃ)とは、抹茶の一種で、
若芽の時期に覆いを被せ、直射日光が当たらないように栽培された
老木の茶葉のうち、萌芽の3葉ほどのところから採取した新芽を石臼でひいて
抹茶にしたもの

対して、薄茶(うすちゃ)も抹茶の一種だが
こちらは老木でない、比較的樹齢の若い茶の木から作られるもの

薄茶(うすちゃ)は『点てる』、濃茶は『練る』という表現を使う


本来のお茶事では、濃茶席と薄茶席の両方があるのが正式だが
濃茶のお点前は格式が高いものとされ、
薄茶は比較的気軽なお点前となる

お稽古でも、始めたばかりの頃は薄茶点前から始めていき
上級になるにつれて、濃茶のお点前に移行していく

一般的にお茶会などで点てられ、抹茶だと思っているものは
大抵、薄茶だと思ってよい


濃茶と薄茶の間で、抹茶の製法に特に変わりはないものの
濃茶の方が抹茶の濃度が高くなるため、抹茶の善し悪しが出やすい

そのため、濃茶として使用される抹茶には
苦味や渋みの強い下級品ではなく、良質な上級品が多い

濃茶で扱う抹茶は、もちろん薄茶として使用することもできる


出されたときの見た目の違いとしては
濃茶は、柄の入っていない格式の高い茶碗が使用され、
練られた状態の、濃い緑でツヤツヤとした抹茶が入っている

薄茶は、美しい絵柄の入った薄手の茶碗で
泡立てられた状態の抹茶が入っている

========================================

浅草寺を参拝したら、右手の門を出てすぐなので、
散策に疲れたら、ひんやり抹茶デザートでリフレッシュしてみるのも
いいかもしれない



【お濃茶スイーツ専門店 雷一茶 (おこいちゃすいーつせんもんてん かみなりいっさ)】

アクセス:東京都台東区花川戸1丁目15-9
本堂の東側(本堂に向かって右側)に建つ二天門を出てすぐ
東京都立産業貿易センター台東館の向かい
(貿易センターは、東京商工会議所台東支部、区立台東区民会館とも)

営業時間:9:00〜18:00

定休日:不定休

TEL:03-6802-7948

http://www.kaminari-issa.com/


みんなの応援がハタラク谷を救う!クリックしてくれると嬉しいクマ〜
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)
  • 2015.10.23 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback