Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【超行列のできる高級ポップコーン専門店 Garrett Popcorn Shops】

JUGEMテーマ:グルメ


「あれ? こっちだったかクマ?」

東京駅の中をぐるぐると歩いていたケルくん。

3月いっぱいまで偕楽園で開催している『水戸の梅まつり』で、慌しい日々を送っているウメッピの代わりに、おつかいを頼まれて都内まではるばるやってきたケルくんは、帰り道がわからなくなってしまったようです。

「ウメさん特製の梅おにぎりも、全部食べちゃったし、
 おなかがすいてきたクマ・・・」

困ったケルくんは、とりあえず駅の出口を探してみることにしました。

ギャレット1.jpg

「えーと、出口、出口・・・」

頭上の案内を見ると、近くに出口が2つあることがわかりました。


「『八重洲地下中央口』と、『八重洲中央口』は、
 名前がとっても似てるけど、違うんだクマ〜?」

ギャレット2.jpg

「この前の、まんまるたい焼き屋さんは『八重洲北口』だったし・・・
 ヤエス・・・ ヤエスがいっぱいクマ・・・」

ヤエスとは一体何であるか、今度ウメッピに聞いてみようと思いながら、
歩みを進めるケルくん。

※八重洲の地名は、ここに住んでいたオランダ人《ヤン・ヨーステン》の和名
《耶楊子(やようす)》に由来・・・ 彼は江戸時代に日本に漂着してから
徳川家康の国際情勢顧問や通訳として活躍し、この地に邸宅を与えられたのである



「あれっ!? そういえば、なんだか
 こっちには来たことがある気がするクマ!」

ギャレット3.jpg

トコトコ階段を下りていくと、改札が現れました。
その向こうに見えた看板に、ケルくんは目を見張ります。

「あっ、そうか!! 東京駅一番街って、
 ずっと前にシーちゃんたちと来たことがある場所クマ!」

ギャレット4.jpg

「そうか、あのときは違う入口から入ったんだったクマ〜」

シーちゃんたちと雨宿りしてガンダムカフェに入ったときのことを
思い出したケルくん。

ギャレット5.jpg

「食べ物屋さんがいっぱいなんだクマ〜」 グー

東京駅一番街は、
和洋菓子店、飲食店、雑貨店などが集結している場所である

ギャレット6.jpg

街の通路を歩いていく、たくさんの人を眺めている内に、
ケルくんは何やら、辺りにとてもいい匂いが漂っているのに気付きました。

「なんだか、とっても甘くていい匂いがしてるクマ!」

美味しそうな匂いを辿って、くんくんと進んでいくケルくん。

ギャレット7.jpg

「うわわっ! ここ、すごい行列だクマ!」

お店の外にまで並んでいるお客さんに、ビックリ仰天のケルくん。
どうやら、いい匂いはここが発信源のようです。

ギャレット8.jpg

『己』の字を描くように、ぐるりと並んでいるお客さんの列
ギャレット9.jpg

「P・・・POP・・・ CO・・・ ポップ、コーン・・・なのかクマ?
 美味しそうな匂いは、ポップコーン屋さんの匂いだったかクマ!!」

ギャレット10.jpg

「このくらいの人数なら、頑張って待てるクマ!!」

列の最後尾に、トコトコ走っていったケルくんは、
そこで驚くべきものを目にしてしまいました。





 《  こ ち ら は  最 後 尾 で は あ り ま せ ん  》




「えぇっ!? じゃ、じゃあ・・・
 最後尾は、一体どこなんだクマ!?」

ギャレット11.jpg

「お客様、恐れ入りますが
 ここから30mほど先にあります列の方に、お並び頂けますか?」

「さ、30m!? 一体、どういうことクマ!?」



首を傾げながら、通路をトコトコ歩いていくと・・・



 「!!!!!!!!」

ギャレット12.jpg

お店から離れた場所に、テープで区切られた長い長い列ができているのを見たケルくんは、今にも目が飛び出さんばかりです。

しかも、2列になっているその行列の最後は、またしても最後尾ではなく、
ケルくんは、そこからまた少し離れたところで区切られた列の最後尾に、ようやく並ぶことができたのでした。

駅の通路を通る人の妨げにならないよう、
お店に到達するまで、いくつかに区切られて並ぶ

ギャレット13.jpg

ケルくんの前に並んだ女の子たちは、交代でトイレや飲み物を買いに行っているようです。 後ろの男性は、小さな折り畳みイスを取り出すと、イヤフォンでラジオを聴き始めました。 小さな男の子は、お母さんのキャリーケースの上に座って大人しくジュースを飲んでいます。

その間も、全く動く気配のない列。

「すごいクマ・・・ 
 みんな、決意の滲んだ背中をしているクマ・・・」 ゴクリ

(これは、相当美味しいポップコーンに違いないクマ!!)

行列の長さに比例するように、
ケルくんのポップコーンへの期待が急上昇!


「負けられない戦いのゴングが、鳴ったクマ・・・!!!」 コォォォ

瞳の中に、闘志の炎を燃やすケルくんは、ポシェットの中の秘密兵器、
大阪糖菓の60分キャンディーを、おもむろに口に放りこみました。

お客さんが多いときには、駅の階段もこのような状態になる
ギャレット14.jpg

衝撃の5時間待ちであるが、遠方より訪れ、お土産として買い求める人が多いために、いかに長時間であっても、諦めるわけにはいかない戦なのである
ギャレット15.jpg



「何名様ですか? こちらにどうぞ! 何名様ですか? こちらでお待ちください!」

店員さんに誘導され、区切られた前の列から数人がお店の前の列に移動すると、後ろの人間がその分前に詰め、今度はケルくんたちが、前の列に誘導されていきます。

「ここまでのお客様、ゆっくりと前にお進みください!
 壁側、通路側、順番に2列になるよう、お願いします!!」

ケルくんを含む数人を前の列に加えた店員さんが、テキパキと指示しながら
列を再びテープで区切りました。

(なんだか、かっこいいクマ〜)

店員さんが耳に装着したインカムで連絡を取り合い、無駄のない誘導を行っている様子を見て、ケルくんが目を輝かせていると、メニュー表が配られ始めました。

ギャレット16.jpg

「うわあ! いっぱいあるんだクマ〜!!」

ポップコーンといえば、塩・キャラメル・しょうゆバターくらいしか
知らなかったケルくんは、またしてもビックリ!!

ギャレット17.jpg

「どうやら、紙袋と・・・

ギャレット18.jpg

缶に、分かれているらしいクマ!」

ギャレット19.jpg

「えっ! このコンプリートなんとかは、
 1缶に全種類の味が入っているのかクマ!? 絶対これがいいクマ!!」

ギャレット20.jpg

東京駅限定のアイテムも販売
ギャレット21.jpg

「では、サイズのご説明をさせて頂きます!
 紙袋の方はS、M、Lがございまして、目安としてSが一人分、Mが二人分、Lが三人分となっております。 缶の方は、クォートと1ガロンがございまして、クォートがSとMの中間ほどの量、1ガロン缶はLサイズ2袋分となっております。 賞味期限は・・・」

ギャレット22.jpg

「このピンクのしましま紙袋は、春の限定デザインなのかクマ〜」

ギャレット23.jpg

「まずシカゴミックスでしょ? それから・・・」

「アーモンド食べたい!」

「缶って、量どのくらいだっけ? 食べきれるかな・・・」

「もしもし美也子? 今並んでるよ、どれ買うんだっけ?」

並んだお客さんたちは、皆真剣にメニュー表とにらめっこ。
ケルくんも、あふれるよだれを拭いながら、お財布と相談しています。

青と黒のストライプが通常のデザインだが、
現在販売中の限定デザイン缶は、『TOKYO SKYLINE缶』と

ギャレット24.jpg

『SAKURA 2015缶』の、2つである
ギャレット25.jpg

「7つまでしか、買っちゃいけないんだクマ・・・!!!」

ギャレット26.jpg

「でも、大丈夫クマ!
 僕は、コンプリートアソートを買うって決めて・・・」

「1日限定10缶の『コンプリートアソート』は、
 本日既に完売でございまーす!」

「!!!!!!」

ギャレット27.jpg

「こうなったら・・・!!
 Mサイズは2人分だから、1袋をシーちゃんと半分こして・・・
 えへへへ・・・」

不純な動機で、Mサイズを買うことにしたケルくん。

ギャレット28.jpg


「では、1列になってこちらへ!」

店員さんは、列を区切っていたテープを外すと、
ケルくんたちをお店の前の列に誘導していきます。

「ドキドキするクマ〜」

ギャレット29.jpg



ギャレット30.jpg


「おおおお〜!!!!」 キラキラ


ついに、お店の中が見える場所までやってきたケルくん。

ガラスでできたカウンターの中に、山盛りのポップコーンが
ザラザラと詰められているのが見えて、ケルくんは目を輝かせました。

ギャレット31.jpg

オリジナル缶のデザインと同じ、青のストライプの店内
ギャレット32.jpg

左側の二つが一番多く出るチーズとキャラメル、右がナッツ系その他
ギャレット33.jpg

店内に漂うポップコーンの匂いを、鼻から夢中で吸い込んでいたケルくんに
ボードとペンを持った店員さんが声をかけました。

「ご注文をお伺い致します!」

「え!!! えーっと! えーっと・・・!!」 アセアセ

ギャレット34.jpg

ケルくんは、1番人気だという『シカゴミックス』と
大好きなカシューナッツの入った『カシューキャラメルクリスプ』、
試食には『アーモンドキャラメルクリスプ』をオーダー。

(無料で食べられると思うと、つい高いものを選んじゃうクマ〜)

店員さんは、さらさらとオーダーシートを記入すると、
少し屈んでケルくんに渡してくれました。

注文は、カウンターの店員さんにオーダーシートを渡して行う
ギャレット35.jpg

「ご試食のアーモンドキャラメルクリスプになります!」 コトッ

「わあ・・・! 試食なのに、一粒だけじゃなくて、
 紙コップでくれるんだクマ〜! 太っ腹クマ!!」

ギャレット36.jpg

感動しながら手にとってじっくり眺めていると、ケルくんの体温で、少しキャラメルが溶けてベトつくほどに、しっかりコーティングされたポップコーン。

口に入れると、カリカリとした食感の中にコリコリとしたナッツの歯ごたえ、
キャラメルの幸せな甘さが、いっぱいに広がりました。

ポップコーンは、飴のようになったキャラメルで、
ところどころ数個がまとまって塊になり、ハードなガリガリとした食感になっていて、それもまた美味しく、コップの中のポップコーンは、あっという間になくなってしまいました。

ギャレット37.jpg

少しベトベトになった手を、カウンターに置いてあるウェットティッシュで
スッキリ綺麗に拭き取ったケルくんは、改めて店内を見渡しました。

「オシャレな缶が、たくさん並んでいるクマ〜」

ギャレット38.jpg

「ああ・・・ 僕、枕の中身をポップコーンにしてみたいクマ〜
 夜中におなかが減っても安心だし、いい匂いで、美味しい夢を見られそうクマ!!」

寝る前に食べ尽くして、ぺしゃんこ枕になる可能性については考えず、
幸せそうにウフフフと笑うケルくん。

ギャレット39.jpg

「次のお客様、どうぞ〜」

「あっ! コレ、お願いしますクマ!!」 サッ

笑顔で手を出した店員さんに、握り締めていたオーダーシートを渡すケルくん。 手汗でふやけたシートを見て、店員さんが手際よくポップコーンを詰めていきます。

ギャレット40.jpg

鮮やかな黄色のポップコーンは、少しフニャッとした柔らか食感
ギャレット41.jpg

濃い茶色のキャラメルは、ガリガリとしており甘く香ばしい
ギャレット42.jpg

唯一2つの味の混ざったフレーバーであるシカゴミックスは、
注文を受けてからミックスしてくれる

ギャレット43.jpg

「こちら、シカゴミックスのM、カシューキャラメルクリスプのMになりますが、お間違いないでしょうか?」

「はいですクマ!!!」

「では、お会計、1,500円になります!」

「えーと、
 五円玉20枚と・・・ 十円玉40枚と・・・」 ジャララァア

五円玉や十円玉を駆使して、山盛りの小銭でお会計をするケルくん。

店内左側から入って注文、並んだまま右側に流れて商品を受け取り、
お会計をして右から出るというシステム

ギャレット44.jpg


「やったクマ!!! 買えたクマ・・・!!!!」

2時間半に及ぶ長い戦いを終え、達成感に満ち溢れるケルくん。
準備もなく、ひとりで並んでいたため、ダムの決壊も間近に迫っているようです。

ギャレット45.jpg


(これで、シーちゃんの喜ぶ顔が見られるんだクマ!)

大事に袋を抱え、少し内股になりながら
急いでお店を出たケルくんが、ふと目にしたのは・・・






《 た だ 今 、 3 0 分 待 ち で す 》


ギャレット47.jpg


 ◆◆◆


イートインスペースはなく、テイクアウトのみの、こじんまりとした店舗
ギャレット48.jpg

紙袋の口にはワイヤーが入っており、ワンタッチで何度でも
とじることができる

ギャレット49.jpg

1番人気は、チーズとキャラメルをミックスした『シカゴミックス』
ギャレット50.jpg

カリカリ甘いポップコーンに、香ばしいナッツが絡められている
ギャレット51.jpg

甘さとしょっぱさの組み合わせは、つい手が止まらなくなる
ギャレット52.jpg

東京駅舎が描かれた、東京駅限定トートバッグは
クォート缶を2つ入れるのにピッタリなサイズ

ギャレット53.jpg

缶とトートバッグの組み合わせは、お土産に最適
ギャレット54.jpg


ポップコーンは直接缶に入っているわけでなく、袋に入れられているので
オシャレな缶は、そのまま再利用することができる

ギャレット56.jpg

2月15日〜4月中旬までの期間限定でショッピングバッグと、
ナッツ系ポップコーンの紙袋がブルー → ピンク色に変更

ギャレット46.jpg

ギャレットポップコーンの日本上陸1号店である、原宿店の様子
ギャレット55.jpg


東京駅構内の、東京駅一番街内で
常に行列を作っている超人気ポップコーン屋さん

オシャレなお店だが、実はアメリカのシカゴで創業してから
60年以上もポップコーンを作り続けている老舗である

東京駅にオープンしたのは2014年4月18日と、比較的まだ新しい


アメリカを中心に世界中で愛されるギャレットポップコーンショップスと
ライセンス契約を結び、日本に上陸させたのは、
実はマイクポップコーンやドリトスで有名な、ジャパンフリトレー社である

ちなみに、セブンイレブンに売っている
セブンプレミアムのポップコーンもジャパンフリトレー製ということで、
「ギャレットと似ている!」「超美味しい!」と話題になり、
あちこちのセブンで買占めが起こり、売り切れが続出した時期がある


ポップコーンは「マッシュルーム型」「バタフライ型」の
2種類の品種をミックスしてあり、異なる食感を楽しむことができる

また、ノンオイルでエアポップさせているので、
ふんわりサクサクの軽い食感に仕上がっている

フレーバーは、味付けのないプレーン、定番のマイルドソルト、
キャラメルクリスプ、チーズコーン、その2種を混ぜたシカゴミックス、
アーモンドキャラメルクリスプ、カシューキャラメルクリスプの7種類
(季節により限定フレーバーも販売)

1番人気は、キャラメルとチーズのシカゴミックスであり
裏技として、「キャラメル多めで」「チーズ多めで」など、混ぜる比率を好みで頼むことができるのは、あまり知られていないようだ



東京駅店の他に、
原宿店、酒々井プレミアム・アウトレット店、名古屋店がある

駅ビルナカの店舗であるため、屋外と違って天候や気温の影響を受けることなく並んでいられるのが、東京駅店のよいところである



季節毎に限定デザインが出るオリジナル缶は、
そのオシャレな見た目から、子供の玩具入れにしたり、コレクターがいたりと、お土産にも非常に喜ばれる品

缶タイプは、サイズを問わず1人につき2つまでにしか購入できない
さらに、東京駅店では合計買い上げ点数が1人7点までなので、注意が必要だ
(たとえば缶2つ、紙袋5つで7点なので、これ以上は買えない)

2月1日〜5月31日までの期間限定で
日本上陸2周年記念の「TOKYO SKYLINE缶」

3月1日〜4月15日までの期間限定で
「SAKURA 2015缶」を販売している



紙袋と缶では賞味期限が異なり、
紙袋は当日中、缶は10日間なので、お土産にする場合には注意!
(食べられるのだが、湿気ってしまい、カリカリ感が損なわれる)


【Garrett Popcorn Shops (ぎゃれっと ぽっぷこーん しょっぷす)】

アクセス:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F
「東京」駅「八重洲地下中央改札口」より徒歩30秒

営業時間:10:00〜20:00

定休日:年中無休

TEL:03-6273-4174
http://jp.garrettpopcorn.com/accessinfo/tokyo


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村 (ブログランキングサイトです)
  • 2015.03.13 Friday
  • 08:00

Comment
去年、酒々井アウトレットに行った時に行列の出来ていたお店があり何だろうと思ったらギャレットポップコーンでした。
http://jp.garrettpopcorn.com/accessinfo/shisui_premiumoutlets
  • stk
  • 2015/03/15 8:33 AM
>stkさん

並ぶタイミングによって、
待ち時間が全然違ってくるみたいだクマ〜

カリカリザクザク、
今度は缶で買って、たくさん食べたいクマ!!

『酒々井』って、『しすい』って読むんだクマ!?
ウメさんが教えてくれたんだけど、
チバケンの難読地名のひとつらしいクマ〜
  • ケル@ゆるくまにあ!
  • 2015/03/16 5:16 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback