Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【ナビなしでは辿りつけない!?超人気ベーカリーカフェ Barba rosso】

JUGEMテーマ:おいしいパン



「この辺りは、初めて通るが・・・
 本当に、近道になるのか?」

「直線で結べば、こっちの方が近いような気がするクマ!」

日立市から水戸へ向かうケルくんたちは、
今までに通ったことのない道を、てくてくと歩いていました。

いつも海沿いの道を通って遠回りしているのを、
ショートカットできないだろうかと、新しい道を見つけようとしているところなのです。


「見渡す限り、家、家、家だな」

「あっ! あの家は、ちょっと変わっているクマ!」

バルバ1.jpg

「なんだ? 見たところ、家のようではあるが、
 周りの家とは、少し違うような感じもするな・・・」

バルバ2.jpg

「この、BとRがくっついたような
 不思議なマークは、一体何なのかクマ?」

バルバ5.jpg

「あそこに窓があるな! 少し覗いてみるとするか」

バルバ3.jpg

窓から中を伺ったウメッピは、目をぱちくり。

「むむ!? これは・・・ 
 どうやら、何かの店のようだぞ!!」

バルバ4.jpg

まるで絵本に出てくる可愛い家のような外観
バルバ6.jpg

「そういえば、とってもいい匂いがしているクマ!」

「入ってみようぜ!」

バルバ7.jpg

 カランカラン・・・

「いらっしゃいませ!」

扉を開けてみると、少し薄暗い店内は
あたたかいオレンジ色の灯りに包まれていました。

バルバ8.jpg

「そうか、この匂いは・・・」

「パン屋さんクマ!!」

バルバ9.jpg

店内には、ふかふかのパンが並べられ、
香ばしいバターの匂いを漂わせています。

バルバ10.jpg

でも・・・

「なんだか、売り場がスカスカしているような・・・」

バルバ11.jpg

「このくらいの時間になると、
 ほとんどもう売れてしまって・・・ ごめんなさいね!」

「そんな・・・」

「人気の店のようだな!」

ケルくんが時計を見上げると、もう夕方の4時半です。

「もっと早く来れば、よかったクマ・・・」

バルバ12.jpg

「あっ! でも、1つずつ残ってるクマ!」

「おお・・・ これはまるで、洋菓子のようだな!」

デニッシュコーナーには、まるで繊細な装飾を施したブローチのように
美しいデニッシュが並んでいました。

バルバ13.jpg

「こっちも、1つずつ残っているクマ!」

「丸ゴボウの甘辛煮に、いわしのオニオンソースか」

おかずパンも、見たことのない種類のパンがずらりと並んで
とても美味しそうです。

バルバ14.jpg

「どれ・・・ さっきのパンと、この総菜パンと、
 1つずつだが買っていくことにしようぜ!」

お店の入り口から、トレイとトングを取ってきたケルくんたちが
さきほどのデニッシュのコーナーへ行ってみると・・・


「な・・・ ない!!!!!」

バルバ15.jpg

「なんということだ・・・・」

デニッシュコーナーに1つずつ残っていたはずのデニッシュは
跡形もありません。

「そ、そんな・・・」

「ケル坊、ここは戦場だ!
 欲しいと思ったパンは、力ずく早い者勝ちで奪い取るんだ!!」

「わかったクマ!!!」

緊張した面持ちで、トングを握りしめるケルくん。

そうしている間にも、並んでいるパンはどんどん売れて行き
残り少なくなっていきます。


「あっ! あそこ! まだ残っているクマ!!」

バルバ16.jpg

「うお! パンが、黒いぞ!!」

竹炭を練り込んだ生地にミルククリームを詰めたコロネ
バルバ17.jpg

「あんぱん、ふっくらして美味しそうクマ〜」

ただのあんぱんではなく、中にはやわらかいお餅入り
バルバ18.jpg

「こっちも黒いパンだな・・・
 これは、ここの店の特徴なのか?」

「そういえば、最近も黒いパンを食べたような・・・」

竹炭パンの中には、オレンジピールとチョコクリーム
バルバ19.jpg

「こ、これは・・・!!!」

「そうか、何か黒いパンに見覚えがあると思ったら
 あのハンバーガー屋のパンに、使われていたんだな!!」

「ふかふかもっちりで、美味しかったクマ〜」

河原子のBeach Burger 9で使われているバンズ
バルバ20.jpg

Beach Burger 9 での黒いバンズの美味しさを知る2匹は
味の保証はバッチリだとばかりに、次々にパンをトレイに乗せていきます。

「よし、そろそろ会計を・・・
 なんだ? ドリンクメニューだと?」

レジの向こうには、コーヒーやクラムチャウダーなどの
スープやドリンクのメニューが書かれたボードがぶらさがっています。

バルバ21.jpg

「そうか、ここは中で食べていけるパン屋さんなんだクマ〜」

「べーかりーかふぇ、というやつか!!」

店内にはイートインスペースがある
バルバ22.jpg

平日限定だが、14時からのドリンク半額サービスも
バルバ23.jpg

「水戸に帰るまで少し腹ごしらえしようぜ!
 オレは・・・ そうだな、珈琲でも嗜むことにするか」

買ったばかりのパンを、イートインで食べていくことにして、
めいめいにドリンクを頼むケルくんたち。


オーダーを済ませたケルくんたちは、
ドリンクが運ばれてくるまでの間、店内を観察することにしました。

「なんだかカントリー調クマ!」

バルバ24.jpg

随所に可愛い小物も飾られている
バルバ25.jpg

レジ隣のテーブルには、たくさんの食パンが並んでいます。

バルバ26.jpg

「ややっ!!
 これは全部、予約の品だというのか!?」

「予約して食パンを買うなんて、聞いたことがないクマ!」

ケルくんもウメッピも、思わずびっくりです。

バルバ27.jpg

「こっちはラスク!
 ブルーベリーに紅茶のラスクだなんて、見たことないクマ!」

「ラムレーズンなんてのもあるな!」

種類豊富なラスクも並ぶ
バルバ28.jpg

「お待たせしました!」

「あっ! 来たクマ!」

「おお、粋な器だな!!」


コーヒーの香りを胸一杯に吸ってから、
買ったばかりのパンを頬張るケルくんとウメッピ。

「うまい!!
 この生地はどうだ! もちもちとしてふんわりしているぞ!」

「こっちは、ミルククリームが美味しいクマ〜」

バルバ29.jpg


「旨かった! また必ず来ると約束しよう」

「おなかいっぱいクマ〜」

すっかり満足して、テーブルを後にしたケルくんとウメッピ。


しかし、ケルくんは見てしまったのです。
レジの隣で売られていた、とても美味しそうなあのお肉を・・・

バルバ30.jpg



「確か、この辺りだったかクマ?」

キョロキョロと辺りを見渡しながら、歩いてきたクマが1匹。

「美味しそうなターキーだったクマ〜」

鶏肉料理を禁止するウメッピの手前、
食べたくても食べられなかった、炭焼きスモークターキーを食べるため
ケルくんは、ひとりでこっそりとやってきたのでした。

「あ! あったクマ!!!
 でも、なんだか様子が・・・」

バルバ31.jpg


「えっ・・・・
 臨時・・・ 休業・・・・・・・!?」

お店の前には、休業を知らせる立て看板が!


「僕の、炭焼きスモークターキー・・・」

思わぬ不測の事態に、落涙を禁じ得ないケルくんだったのでした。

バルバ32.jpg


 ◆◆◆


フルーツのデニッシュやお惣菜パンなど、種類豊富なパンが並ぶ
バルバ33.jpg

全粒粉を配合したデニッシュは、サクサクの食感
バルバ34.jpg

野菜やフルーツや
バルバ35.jpg

ナッツをたっぷり使用したデニッシュなど
バルバ36.jpg

あれこれ食べられるように、小さく可愛いサイズで作られている
バルバ37.jpg

オリジナルの『バルチョコ』は、新食感のふわふわチョコ
バルバ38.jpg

売り切れて買えないパンも、予約システムを使えば安心
バルバ39.jpg

クリスマスに欠かせない、シュトーレンの販売も
バルバ40.jpg

ギフト用のBOXや袋も用意されている
バルバ41.jpg

デニッシュを詰めると、まるでケーキのよう
バルバ42.jpg

通常入れてくれる紙袋も、
心をこめて、ひとつひとつスタンプを捺したもの
バルバ43.jpg


久慈浜の高台の住宅街の一角にある
一軒家風の可愛らしいパン屋さん

本当にここだろうかというような、細い坂道を登っていくので
ナビがあると安心

駐車場は、お店の隣に5台分ある

カンパーニュ(田舎パン)などのハード系パンと
デニッシュが特に美味しいと人気のパン屋さんである


小さな可愛いデニッシュは種類豊富で、
フルーツのジューシーさと
全粒粉の生地のサクサクとした食感が大人気の品

さらに、ここのメロンパンは
メロンクリームとメロン果肉が入っており
なかなか店頭に並ばない伝説のパンである

甘味系のパンは
パンでありながら、もはやデザートの粋である

見た目も美しいので、
スイーツ感覚で、お土産やプレゼントに買って帰るお客さんが多い


レジ前で販売しているバルチョコは、
ケーキのようなチョコのような、不思議な食感のチョコで
やみつきになり、定期的に買い占めるお客さんがいるほど

パン屋さんの美味しい生地で作った
種類豊富なラスクも、お土産に最適


パンをすぐに食べたい人は、
店内のイートインスペースを利用することができる

イートインのコーヒーはサザコーヒーを使用
スープは、クラムチャウダーとミネストローネ

平日には割引サービスもある



【ベーカリーカフェ Barba rosso (バルバロッソ)】

アクセス:茨城県日立市久慈町1-26-22

営業時間:10:30〜18:00
(売り切れ次第終了)

定休日:月曜日、第1・3・5日曜日
(たまに臨時休業あり)

TEL:0294-52-4471

http://ameblo.jp/jjiinn3355/


記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.11.03 Monday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback