Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

お散歩マニア

【うさぎ専門店が運営するうさぎカフェ おひさま】 〜カフェ編〜


下北沢編 その4

〜 前回のあらすじ 〜

『歴史読本』の2011年の5月号、《日本全国 名城の条件》を探している
ウメッピは、ケルくんを連れて世田谷区にある本の街 下北沢で、古書店巡りをすることにしたのでした。
カナダのフライドポテト、味付け自由のスティック唐揚げ、カレー専門店のカレーパンを平らげたケルくんが、次に向かったのは・・・



「うーん、こっちの方には本屋はないようだな」

「路地裏の探検って、楽しいクマ〜」

ミスタードーナツで、当面の兵糧として買ってもらったチョコ&カスタードホイップのクロワッサンドーナツを、もしゃもしゃとかじりながら、ケルくんはご機嫌です。


「カロリーが五臓六腑に染み渡るクマ〜」

「うぅ、見ているだけで胃がもたれそうだぜ・・・
 ん? なんだ?」

ぱたぱたと飛んでいたウメッピは、何かを見つけて着地すると
ケルくんの頭の毛を掴みました。

「いたいクマ〜」

「見ろケル坊! 奇妙なカフェがあるぞ!」


バーン
おひさま1.jpg

「うさぎカフェ・・・?」

「うさぎカフェとは、一体どのようなものなんだ??」

どうやらウメッピのミーハー魂に、火がついたようです。

おひさま2.jpg

「ここの2階って、書いてあるクマ!」

おひさま3.jpg

階段を登りきると、おひさま色のドアが現れました。

「あったクマ!」

おひさま4.jpg

「ウメさん、入りたいのかクマ?」

「バ・・・ バカ言え! オレはケル坊の後学のためにだな・・・」

うさぎカフェとは、時間制でうさぎと触れ合えるカフェである
おひさま5.jpg

ガラスには、本日のうさぎの出勤状況の写真が貼り付けられています。

「ホストみたいクマ〜」

おひさま6.jpg

「とりあえず、せっかく来たからには、入ってみるか」

「ウメさん、素直じゃないクマ〜」

用意されているクロックスに履き替えて入店
おひさま7.jpg

「いらっしゃいませ!」

店内は、こじんまりとしてアットホームな雰囲気です。


「うさぎさん、どこかクマ〜」

ケルくんたちは、うさぎを探して辺りをキョロキョロ。

おひさま8.jpg

「お好きなお席にどうぞ〜」

カフェスペースとうさぎルームにわかれている
おひさま9.jpg

「あっ! うさぎさんクマ!
 僕、カウンターの席がいいクマ!」

ゲージに横たわるうさぎを見つけたケルくんは、大喜びです。

「じゃあ、ここに座るか」

カウンター席では、飲食中もうさぎを間近に眺めることができる
おひさま10.jpg

「いらっしゃいませ!」

ぬっ
おひさま11.jpg

「ご注文はお決まりですか!?」

おひさま12.jpg

「うわわわわわ」

「なんだお前は!?」

突然視界一杯に現れた毛玉に、
ケルくんとウメッピはびっくり仰天!


「私? 私は、この店の看板うさぎ・・・ 『内藤くん』ですよ!!!」

バーン
おひさま13.jpg

「むう・・・
 して、内藤とやら、この店のオススメは何だ」

(ウメさんは、意外に順応が早いクマ・・・)

可愛らしいメニュー表
おひさま14.jpg

「ふむ、ドリンクコースと、お食事付きコースか・・・」

「もちろん、お食事つきコースでお願いするクマ!!」

まず席につくと、メニューとともにシステムの説明
おひさま15.jpg

「メニューがたくさんあって、嬉しいクマ〜」

サラダやパスタなど、食事メニューも充実
おひさま16.jpg

デザート類も豊富
おひさま17.jpg

「ん? これは・・・!」


ドン!
おひさま18.jpg

「内藤! う・・・ うさぎパフェをひとつ頼む」

「かしこかしこまりましたかしこ!」

「なんだそれは!」

「すみますみませんでしたすみま!」

「もういい!」

おひさま19.jpg

お食事メニューを決めたケルくんたち。

割とすぐドリンクが運ばれてきたので、ケルくんたちは
ゲージのうさぎたちを見ながら、冷たいドリンクを味わいます。

飲食と触れ合いタイムをどのように配分するのかは、自由
おひさま20.jpg

季節限定のメニューが出ることも
おひさま21.jpg

今日は、少し空いている日だったらしく、
お食事のメニューも間もなく運ばれてきました。

「お待たせいたしました!」


「おお! 旨そうだな!」

「いい匂いクマ〜」

えびと水菜のペペロンチーノ
おひさま23.jpg

えびとトマトのリゾット
おひさま24.jpg

ミートソースパスタ
おひさま25.jpg

きのことベーコンのクリームパスタ
おひさま26.jpg

ツナとオリーブのトマトソースパスタ
おひさま27.jpg

お食事付きコースのミニサラダとミニデザート
おひさま22.jpg

かなりお得なセットだが、
飲食も含めての制限時間なので、のんびりしすぎに注意

おひさま28.jpg

デザートにもうさぎ
おひさま29.jpg

「うさぎパフェのお客様、お待たせいたしました!」

コトッ


「おおお!?」

「白いうさぎさんクマ!」

「こりゃすげえ!」

可愛いうさぎのデザートに、ウメッピも大興奮です!

おひさま30.jpg

バニラアイスとベリーソースのパフェ
おひさま31.jpg

「ふう・・・食った食った・・・」

「美味しかったクマ!!」

おなかいっぱいになったケルくんとウメッピは、
満足気におなかをさすりました。


「しかし、何か忘れているような・・・」

著名人のサインがずらり
おひさま32.jpg


食事に没頭しすぎて、残り時間を気にすることを忘れていたことに、
まだ気付かないケルくんとウメッピだったのでした。


次回、うさぎと触れ合いタイムへ・・・!

(下北沢編 その5へつづく!)


やはりカウンター席は人気
おひさま33.jpg

カウンターだけでなく、落ち着けるテーブル席も
おひさま34.jpg

コンセプトカフェと侮るなかれ
おひさま35.jpg

メニューはオシャレなものばかり
おひさま36.jpg

旧うさぎパフェ
おひさま37.jpg

ラテにはうさぎちゃんのイラストが
おひさま38.jpg

イベントで、可愛いメニューが出ていることもある
おひさま39.jpg

USP48総選挙のときには、
看板うさぎを決める「うさぎパフェ」の総選挙が行われた

おひさま40.jpg

1位を勝ち取ったのは、もちろん「内藤パフェ」
おひさま41.jpg


下北沢駅から5分ほどの路地裏にある、うさぎカフェ
都内のうさぎカフェの中でも、一番レベルが高いという噂


店内では、スマホやデジカメで自由に写真を撮ることができ、
もちろん、うさぎを抱いての撮影もOK


ドリンクを飲みながらうさぎを眺め、うさぎルームを出入りするうちに、
60分はあっという間に経ってしまう


30分利用ごとに1ポイントで、30ポイント貯まると
90分コースが無料になるポイントカードも!


制限時間は飲食の時間も含むので、
お食事を楽しみすぎて、うさぎとの触れ合いタイムがなくならないよう、時間配分に気をつけよう!


満席の場合があるので、事前の予約や
混雑状況を確認しておくと◎



【うさぎカフェ おひさま】

アクセス:東京都世田谷区北沢2-18-5 北沢ビル2F
ミスタードーナツを右折、曲がってすぐの細道に入ると右側にあるビルの2階


営業時間:12:00〜20:00

料金:(1名分) 大人(小学生以下は半額)

   30分+1drink付き 1,000円
   60分   〃    1,400円
       90分   〃    1,700円

      延長15分 400円

★お得なお食事付きコース
(お好きなフードメニュー1品+ミニサラダ+ミニデザート+1ドリンク)

   90分お食事付き 2,300円
   120分   〃   2,600円

ドリンクは400円前後、パスタは700円前後なのでお得!

定休日:無休
http://www.rabicafe.com/index.html



記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)

  • 2014.07.11 Friday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback