Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

食マニア

【カナダ生まれのフライドポテト専門店 Robson Fries】

JUGEMテーマ:グルメ


「芋!!!!」

「芋だな」


「そのお店は、下北沢駅から数分歩いたところに唐突に現れた・・・

芋、その何ともいえない田舎くさい響き、字面、
対してRobson Friesという横文字、小洒落た響き・・・その融合・・・!!」

「やべえ、腹が減りすぎて、ケル坊の中身が変だ!!!」

ロビソンフライズ1.jpg

劇場やライブハウスなど、アクティブなカルチャーの街でありながら、
本の街でもある下北沢にやってきたケルくんとウメッピ。

『歴史読本』の2011年の5月号、《日本全国 名城の条件》を探している
ウメッピは、ケルくんを連れて古書店巡りをしている最中だったのです。


「看板に芋!って書かれてる店は、そうそうないと思うが
 ここは、一体何屋なんだ?」

「香ばしい匂いがしているクマ〜」 ググァゴゴゴゴォォ ←おなかの音

ロビソンフライズ2.jpg

「カナディアン・・・ フライドポテト屋さんクマ!!!」

「ほう、加奈陀体験とは面白い」

ロビソンフライズ3.jpg

カナダの芋は、ただのフライドポテトではない
ロビソンフライズ4.jpg

「いろんな種類があるクマ〜」

「なんだ? 上に、タレがかけられているぞ!」

ロビソンフライズ5.jpg

「サイズやトッピングを選べるクマ」 ゴゴァァァァ

(ケル坊の腹の音は、一体どうなっているんだ?)

ロビソンフライズ6.jpg

店内を覗いてみると、お客さんでいっぱいです。
中には、外国のお客さんもちらほら。

「ほほう、立ち食いスタイルなんだな」

「カウンターが空いてないクマ! すごい人気クマ〜!!」

ロビソンフライズ7.jpg

おなかのペコペコなケルくんたちは、とりあえずポテトを注文して
カウンターが空くのを待つことにしました。

シックで落ち着いた雰囲気の店内
ロビソンフライズ8.jpg

「たくさんあって、迷っちゃうクマ!」

「ふむ・・・ 初めて食べるものだからな
 とりあえず基本のものを頼むのが定石だろう!」

ロビソンフライズ9.jpg

「わあ、このチキn・・・  目がぁぁぁ!目がぁぁぁぁぁ!!」

ケルくんに光速頭突きをして、目潰しをくらわせるウメッピ。

ロビソンフライズ10.jpg

1番人気は、ジューシーなソーセージのプーティン
ロビソンフライズ11.jpg

店員さんも、カナディアンテイストな(?)制服で働いている
ロビソンフライズ12.jpg

タバスコなどの調味料は、セルフで追加できる
ロビソンフライズ13.jpg

基本の味ということで、プレーンのポテトを注文した2匹は
番号札を受け取ると、お店の外で待つことにしました。

お店の外には、待機用の白い小さなテーブルが設置されています。

ロビソンフライズ14.jpg

番号札の裏には・・・

「こ、これは・・・!!」


「ここまで潔く『お待たせします!』といわれると
 逆に気持ちがいいな」

「ジャンクに健康を・・・! 食べるほど体にいいクマ!?」

「ケル坊、ヘルシーとはいっても、揚げ物なんだからな!!」

ロビソンフライズ15.jpg

「Taste's very good!」

「I'm full!!」 ゾロゾロ

「おっ! 一気に出てきたな」

店内から、食べ終わったグループがドヤドヤと出てきて
場所が空いたので、ケルくんたちは店内に移動しました。

カウンターに置かれたメニューなどを眺めながら、
引き続きポテトが揚がるのを待ちます。

ロビソンフライズ17.jpg

「・・・・・」

「プーティン・・・?」

「ケル坊!
 その連想はすごくよくわかるが、消されるぞ!!」

ロビソンフライズ16.jpg

カウンター上には、ずらりと並んだビールの瓶
ロビソンフライズ18.jpg

「45番でお待ちのお客様!」

「はいクマ!!!!」


店員さんに番号札を渡し、
白いボウルに入ったポテトとフォークを受け取るケルくん。

「いい匂いクマ〜」

「これがプーティンとやらか・・・ 
 このようなフライドポテトは、見たことがないぞ!!」

ロビソンフライズ19.jpg

サクサクポテトの上にグレイビーソース、
そしてとろけるチーズ。

「アチチ・・・ ソースがかかったところは、しっとりしてホクホク、
かかってないところはサクサクしてるクマ〜」

「あんかけの揚げ芋といった感じか・・・ 旨いな!」

太めのポテトはホックリとしており、スナックというよりは、やはり料理だ
ロビソンフライズ20.jpg

「46番のお客様!」

「はいクマ!!!!」

「いつの間に頼んだんだよ!!」


やはり、1番人気のソーセージが諦められなかったケルくん。
テーブルに2つ並んだお皿に、満足気な表情です。

1番人気のソーセージのプーティン
ロビソンフライズ21.jpg

「全く、油断も隙もないな・・・」

ブツブツ言いながらも、
フォークで器用にソーセージを刺して、くちばしに運ぶウメッピ。


「47番、テイクアウトのお客様!」

「はいクマ!!!!」

「おい!!!!!」


テイクアウトは、しっかりした専用容器に入れてもらえる
ロビソンフライズ22.jpg

ホクホクできたてのテイクアウトの袋を提げて、ホクホク顔のケルくん。

『歴史読本』を古書店で見つけるまでに
どうか財布が空になりませんようにと、ひたすら願うウメッピだったのでした。


(下北沢編 その2へつづく!)


 ◆◆◆


素朴な「芋」の看板が目印
外国のお客さんも多く訪れる、フライドポテト専門店

看板メニュー「プーティン」は
揚げたてのフライドポテトの上にとろけるチーズとアツアツのグレイビーソースをかけた、カナダ発祥の食べ物で、おつまみやおかずとして、フォークで食べるのがカナダスタイル!

13種類のトッピングや6種類のディップソースから選べる


ポテトにかけられている『グレイビーソース』とは・・・
セロリなどの香味野菜とともに調理された、肉から出る肉汁を元に作られるソースのこと

軽く炒めた小麦粉や片栗粉によるルーに、肉汁を加え、なめらかにしたもの
コンソメのような味で、とろみがある


ポテトの揚げ油には全て、ヘルシーな100%米油を使用
米油は、米ぬかから採れる油で、抗酸化物質を含み、コレステロールを下げる作用もあるので、揚げ物の罪悪感も軽減!

太めのポテトは2度揚げされており、外はサクサク、中はホクホクである


メニューはポテトだけでなく、ポップコーンチキンやチキンウィング、
カリーヴルストなどのソーセージ料理からベーコンバナナなどの変り種も

混雑していることが多いが、回転が早いので
少し待てば入店することができる


【フライドポテト専門店 Robson Fries (ロブソンフライズ)】

アクセス:東京都世田谷区北沢2-31-5
      京王井の頭線「下北沢駅」から徒歩1分

営業時間:12:00〜21:00
定休日:年中無休
http://robsonfries.com/

記念に、よかったら↓のバナーをクリックしてくれたら嬉しいクマ!
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
にほんブログ村(ブログランキングサイトです)
  • 2014.06.16 Monday
  • 08:00

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback